借金の時効

借金の時効
最近は消費者金融なども増えてきて、個人が簡単にお金を借りられる時代になりましたね。それにともなって、借金のトラブルや相談件数も軒並み増えてきました。今回はそんな借金の時効に関するあれこれを紹介します。借金問題に直面している人、もしくはしそうな人はぜひこれを読んで参考にしてみてくださいね。

 

■借金のトラブルで多いもの
「借金に関するトラブル・悩み」といっても、その内容は多岐にわたります。寄せられているものでいちばん多いのは、多重債務に関することです。多重債務とは、いろいろなところから借金をしているために返済日や利息がバラバラになって借金の返済がしづらくなってしまうという状況を指します。同じ消費者金融やカード会社から借りられる借金額というのはおおかた決まっています。なので大きい額の借金をしようと思うと、どうしても1社からではまかなえずに何社からかの借金を掛け持ちせざるを得ないのです。ただこういった借金の仕方をしていると、返済は息詰まる可能性が高いです。多重債務には十分注意しましょう。
そして過払い金請求に関する問い合わせもここ数年で急増しています。過払い金とは、払いすぎた利息のことをいいます。悪質な会社は、法律で定められてる以上の利息を債務者からとっているというケースがあるのです。払いすぎてしまった利息でも泣き寝入りすることなく、債務者は過去に遡って払いすぎた利息を取り戻すような手続きをすることができます。この件に関する相談も弁護士事務所には多く寄せられています。

 

■借金の時効について
借金をしてから何年も何年も返し続けている・・・そこでふと思います、「借金って時効はないのだろうか?」と・・・。
実は借金には時効が存在します。最後にお金を返してから5年たってしまえば、その借金はそれ以上返さなくて良いものとして処理されるのです。それでは借りたお金を放置して、5年待てばチャラになってしまうのか!?というともちろんそんな訳はありません。借金をした債務者が一向に返済の様子を見せない場合、貸金業者は裁判で訴訟を起こす可能性があります。この裁判によって、5年と設定されていた時効は10年へと延長されてしまうのです。
昔した借金がちゃんと返せていたか覚えていない、もしかしたら時効になっているかもという方もいるかもしれません。そんなときは自分で調べることはなかなか困難なので、弁護士に仲介してもらいましょう。専門の知識を持った弁護士であれば、どこでした借金であってもしっかり調査して手続きを手伝ってくれるでしょう。