借金踏み倒しの方法とリスク

借金踏み倒しの方法とリスク
借金に関するトラブルがここ数年で急増しています。そこには個人が簡単にお金を借りやすくなったという時代背景が関係しているのですが、今回は借金の踏み倒しに関することにスポットライトを当てていきたいと思います。リスクなどにもしっかり触れていきますので参考にしてみてください。

 

■借金の踏み倒しって実現可能なの?
借りたお金はもちろん返さなければいけませんが、「返したくない」「返せる状況じゃない」なんて方も多いでしょう。そんなときにちゃんとして借金の法的手続きをしないまま放置することを「踏み倒す」といいますが、それが成功するといった事例はほとんどないといっていいでしょう。貸している業者や会社も返すことを渋っている債務者に対しては、あの手この手を使って返済を求めてきます。例え逃亡したとしても、なんとか見つけ出すように何か策を打ち出してくるはずです。本気で借金を踏み倒したいと思っているのであれば、こういったことも考慮しかなりの覚悟をした上で実行に移さなければならないでしょう。
さて、踏みたおす云々の前にまずは借金の時効に関する知識をしっかり身につけましょう。借金は種類によってその時効が異なってくることをご存知でしょうか?個人からの借金は10年、業者からの借金は5年、飲み代・食事代のツケは1年、商品を購入した時の買掛金は2年、慰謝料は3年といった感じで時効が設定されているのです。一概に「借金」といってもこれだけの種類があるので、自分の今している借金に関してはしっかりチェックしておいてくださいね。
踏み倒しやすいのはツケや買掛金です。時効も早いですし、逃亡してしまえばなかなか借金元が追ってくるのは難しいはずです。逆に踏み倒しが難しいのは現金を借りた場合。これは貸した個人や業者も返済が完了するまで追ってくるでしょうからなかなか実現は難しいと考えられます。

 

■借金を踏み倒すときのリスク
借金の踏み倒しは褒められたことではありません。お金を借りたら返す、という人間としての義務を怠っているわけですからやはりそれなりのリスクは伴います。
まず業者からの借金を踏み倒して逃亡した場合は、信用機関のブラックリストに載ることがほぼ確実です。これに載ってしまうと、踏み倒した会社だけでなくて貸金を行っている業者ほぼすべてから今後一切の借金や融資ができなくなってしまいます。銀行をはじめとした、カード会社や消費者金融全てにおいてです。
こういったリスクがあるということも十分に理解しておいてくださいね。