借金を家族に打ち明けるお薦めの方法

借金を家族に打ち明けるお薦めの方法
借金をしている場合、家族の理解や協力があったほうがスムーズに返済が進むということが多いです。なので借金で悩んでいる方がいれば、ぜひ家族に打ち明けてほしいのですがなかなかそうもいかないのが現実。今回は借金の事実を家族に打ち明ける際におすすめの方法をご紹介します。

 

■借金で悩む人の特徴
一口に借金問題といっても、抱えている事情や悩みは多岐に渡っています。どんな借金トラブルで悩んでいる人が多いのでしょうか?いちばん多いのが、借金の多重債務に陥っている人です。多重債務というのは借金をいろいろな会社や個人からしているため、返済日や利息がバラバラになり把握しきれないといった状況を指します。この状況では自分が今いくら借金をしていて、毎月いくら返済にあてがえばいいのかをしっかり把握することが困難になります。弁護士の力を借りて借金を一本化することもできますが、やはり多重債務に陥っている人はなかなかこの環境から抜け出すことが難しいようです。こんなときに家族の協力があれば、弁護士を探すのにも苦労しないと思いますしやはり借金解決に向けて進んでいけますよね。
そして過払い金の請求というのも、ここ数年で借金業界を賑わすトレンドになっています、過払い金というのは、払いすぎてしまった利息のことを言います。借金に上乗せする子息を、悪質な会社や業者では法律で決められている数値以上に設定して債務者から巻き上げているといった事例が多数発覚しました。債務者は昔のことだからといって泣き寝入りすることはなく、過去に遡って払いすぎた利息を貸金業者から請求することができるのです。この件に関する悩みを抱えている人も多いとのこと。これに関しても家族の理解を得ていれば弁護士への相談や裁判の手続きなども堂々と円滑にしていくことができるでしょう。

 

■家族に借金のことを打ち明けるには
借金というのはダーティなイメージが強く、している本人にしても罪の意識というものが働いてしまいますよね。しかし家族に内緒で借金をしている場合、それがいざ発覚したときには大きなトラブルになってしまう可能性が高いでしょう。請求金額の通知なども自宅に届くでしょうから、完全に隠し通すのも難しいはずです。
なかなか打ち明けにくいとは思いますが、まずは家族の中でもいちばん近しい人には打ち明けてみてください。父親、母親、妻・・・誰でも構いません。そのときに借金の金額を少なく言うとまたのちにトラブルを引き起こしかねないので、嘘なく正しい借金金額を伝えることがポイントです。