借金は返さないとどうなる?

借金は返さないとどうなる?
借金にまつわるトラブルは多岐にわたります。返済に行き詰まってなかなかお金を返せないという状況に陥る人も多いのではないでしょうか。今回は借金を返せない場合について詳しく調査しました。該当する方をはじめ、借金で行き詰まっている人はぜひこの記事を読んで参考にしてみてくださいね。

 

■借金の返済期限に関して
実は借金には返済の時効というものがあります。借金の種類によってその期限も変わってくるのですが、一般的な貸金業者からの借金は時効が5年と定められています。それではいくら借金をしても、5年経過すればそれは返さなくていいということになるのか?とお思いでしょうが、もちろんそんなに甘くはありません。貸金業者は貸したお金の時効期限が迫って来ると、裁判を起こして返済の時効を伸ばします。これを「債権名義をとる」というのですが、これをやられてしまうと債務者はさらに10年間借金の取立てに合うことになります。

 

■昔の借金が今どうなっているかを知るには
このように、借金というのは時効があってそれをすぎると返済の義務がなくなるということがわかりましたね。それでは昔した借金を返済することなく踏み倒してしまった場合、今現在その借金がどうなっているかを確認するにはどうしたら良いのでしょうか?
たいてい督促状というのは自宅の住所にちゃんと届くようになっています。債権名義の裁判を起こされた時も同様です。しかし踏み倒しのために引越しを繰り返して住居を転々としたりすると、そういった書類で確認することも不可能になります。
そういった場合は、法律の専門知識を持っている弁護士に相談しましょう。弁護士であれば昔の借金がどうなっているかをしっかり調査してくれます。初回の相談は無料となっているところが多いので、ぜひ最寄りの法律相談所へ足を運んでみてくださいね。

 

■借金を返さなかったときのデメリット
借金を返すのは借りた側の義務ですから、時効があるとは言えしっかり返すようにしましょう。返さなかった場合は、やはり債務者に対してデメリットも発生します。
まず銀行やカード会社や消費者金融の借金を返さなかった場合は、信用機関のブラックリスに載ることになります。ここに個人の情報が掲載されてしまったら、しばらく新たな借金ができなくなったりカードを作れなかったりローンの申請ができなくなったり・・・さまざまな不都合が生じます。こういったことをしっかり念頭において、借金を返したくないと考えている人は決断をしてください。