借金督促状が来た時の対応方法

借金督促状が来た時の対応方法
最近は消費者金融やカード会社などで、私たちが簡単にお金を借りられる環境になってきましたね。その分借金にまつわるトラブルも増えているのも事実。今回は借金のトラブルに関して紹介していきます、催促状がきたときの対応方法なども記載していますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

 

■私たちを取り巻く借金問題
「借金」というとダーティなイメージを持っている方も多いでしょう。しかしここ数年で私たちは簡単に借金ができるようになったのも事実です。「ちょっとした入用のときに消費者金融のATMへ行って数万円借りた、そして翌週には利息含めてすぐに返済した」なんて経験がある方も少なくないでしょう。ショッピングなどして、支払いをリボ払いにしている人にしたってあれは大きな意味で捉えれば借金ということになります。
そんな巷にあふれる借金ですが、トラブルも増えています。一番相談件数として多いのは、多重債務に関してです。ひとつの貸金業者に絞らずに、いろいろな借入先から借金をしていることで返済を行き詰まらせてしまうのがこの多重債務なのです。弁護士や行政書士に相談して手続きを進めてもらえばローン・借金の一本化というのはさほど難しくありません。しかし相談にまでいたらずに自分自身の中だけで悩みを抱えている人も大勢います。

 

■催促状に対する処置
返済に行き詰まっている人だけに限らず、自分のした借金や買い物したときに受け取っていた支払い書などをすっかり忘れていて、借金返済の催促状が来ることもあるでしょう。
そういった場合はしっかり催促状の内容に目をとおして滞納していた借金を返済する必要があります。借金の時効は業者で5年・個人で10年なので踏み倒すこともできなくはありませんが・・・やはり自分が借りたお金ですから、しっかり返すのが理想です。それに時効は一応定められていますが、貸し付けた側は裁判を起こしてこの時効を延ばすことができるのです。なので催促状がきたら素直に返済に移行するのがいいでしょう。
督促状はなにも書面でくるとは限りません。メールだったり電話だったり、さまざまな手段が考えられます。受け取ったらしっかり貸付主に返済する意思を示しましょう。そしてすぐの返済が厳しい場合は、いつまでに返せるのかをできるだけ詳細に明示してあげてください。こうすることによって、これ以上の借金トラブルを未然防ぐことが出来ると思います。