本当にあった!違法な取り立ての事例

過去本当にあった違法な取り立てについて書いてみたいと思います。中小企業や現在テレビのCMで流れているような大手有名な業者も問題視されるような違法な取り立てをしていた時代です。どのような取り立てが行われていたのかと言いますと、自宅に押しかけては相手を脅したり、罵声罵倒をあびせたり、なかなか帰ってくれない、近所に聞こえるような声で話すなど、とても耐えられないような取り立てをしていたといいます。それだけではすまず、お金が返済されないと、勤務先にまで電話をかけてきます。そのようなことをされては働けなくなってしまいますがお構いなし、親戚や実家にまで催促をするようになります。今では親は払う必要がありませんが、当時は「親なんだから代わりに返済しろ」という横暴な態度はおさまることはありませんでした。それでも返済できないのなら、今度は友人にまで忍び寄り、他の金融会社からお金を借りて返済を要求してきたといいます。または、家族の勤務先にまで連絡が行く場合もあります。このようなことが起こると仕事にまで支障をきたすため、弁護士に依頼し止めるよう通知し訴えても止むことなかったといいます。それどころか直ちに中止しろというような、とんでもないことまで言い出す始末。最終的には、臓器を売れ、死んで生命保険で払え、家を売れと脅してくることもあったそうです。働けない生活保護を受けている人からも取り立てを行ったり、入院されてる方であっても見舞金などで支払いを要求してきたりと、今では考えられない取り立ての仕方です。当時は、払えなくなって夜逃げをする家族も多々みうけられました。突然学校に来なくなる子供がいると、夜逃げしたんだよというような噂が出ることがしばしばあったそうです。本当にどれも目を覆いたくなるような取り立てです。では現在はどのように変わったのでしょうか?このような悪質な取り立てが問題視されだし、貸金業規制法という法律で取り締まられるようになりました。法律が厳しく改善されたので、上に書かれているような悪質な取り立てはできなくなりましたが、取り立てが全くなくなったというわけではありません。お金を借りたなら、やはりきちんと返済しなければいけません。自宅に来るようなことはあるかもしれませんが、帰ってくださいとお願いすると帰らなければいけません。ですから取り立てがなくなったということはありませんが、生活を妨げるような取り立ては現在はできなくなりました。