債務整理とは?種類と流れ

債務整理とは、重い金利負担を軽くしたり、借金を減額することにより、借金の返済に苦しんでいる人の負担を軽くするための各種手続きのことです。
よく耳にする自己破産なども、債務整理の中の1つの手段になります。
自己破産以外には、任意整理、個人再生(民事再生)、特別調停などがあり、それらも含めた全ての総称を「債務整理」と呼びます。
<債務整理の種類>
それぞれのメリット、デメリットについてしっかり把握しておきましょう。
■任意整理  
裁判所を仲介することなく、債権者と交渉をすすめて、借金の負担金額を減らしたり、利息の減額をおこない双方の合意のもと、無理のない返済が行えるよう調整します。
裁判所を介さないため、手続きもラクな点、周囲に知られることなく行える点、整理したい債務を自由に選択することができる点などがメリットです。
デメリットは他の手段に比べると借金の減額効果が少ない点、任意整理の話合いに応じない業者がいる点、ブラックリストに登録され、5年間ローンが組めない点です。
■個人再生・民事再生(民事再生は会社などを対象にした手続きです。) 
債権者との間で交渉を行うのは任意整理と似ていますが、こちらは裁判所を介する方法で、裁判所に個人再生及び、民事再生の申請を行います。
住宅などの財産を保持したまま、任意整理よりも借金の大幅減額が見込めます。
メリットは、借金が5分の1まで減額されるなど減額率が高い点、住宅などの私財を残せる点です。
デメリットは、その後の返済を行えるだけの収入が見込めないと手続きできない点、ブラックリストや官報に記載され最低でも5年ローンが組めない点です。
■自己破産 
債務整理のラスト手段ともいえる方法です。住宅、車などの財産と引き換えに、残っている借金の返済を免責してもらう方法です。

メリットは、借金の支払いから解放される点、デメリットは、一部の職業に関して、手続きの期間中その仕事に就けない点、ブラックリストや官報に登録され最低でも5年から10年間ローンが組めない点です。
■特定調停  
これまで述べてきた他の方法は借金に行き詰まってから行の処置でしたが、こちらは借金が今現在滞っていなくても、近い将来滞りそうな場合に、前もって行う手続きです。
裁判所を通じて、債権側と債務側で話し合いが行われ、債務者の借金による負担を軽減します。
メリットは、裁判所の調停人が間に入ってくれ、他の方法に比べて手続きが簡単であるという点、デメリットは、返済可能な収入の見込みがない人は手続きが行えない点、ブラックリストに名前が記載される点です。
■過払い金の払い戻し請求 
消費者金融などによる違法な過剰金利支払い分を請求をおこし返却してもらう手段です。任意整理などでとられる処置のひとつです。 

 

<手続きに要する時間や流れ>
債務整理に要する期間は、どの方法でも3か月〜6ヶ月程度です。
ただし自己破産では、処分対象の財産が多い場合に限り1年ぐうらい掛かる場合もあります。
法テラスや法律事務所で弁護士に相談した場合、まず、どの方法が債務者に一番適しているかを話し合う事になると思います。
その後、必要書類を準備して手続きが進められます。