借金を返済しないと詐欺で警察に捕まるか?

借金が返済できない場合に警察に捕まるのでしょうか。この場合、詐欺でもないかぎり刑事事件にはなりませんので逮捕されることはありません。借金を返せなくなるのは良い事ではありませんが、急に会社が倒産した場合や病気になって収入が無くなる場合などを考えると、一概に詐欺とは言えないでしょう。この場合は民事の範疇です。ただし、民事上の裁判で提訴されて、強制執行などの判決が出た場合には、財産を差し押さえられることはあります。逆に言えば、換金できるような財産が無ければ怖いものなしとも言えます。でも、毎日のように返済を要求される環境の中で平穏に暮らせる方は稀でしょう。ここでいくつか注意すべきことをご紹介しましょう。返済意思のない借金は詐欺的な行為です。努力しても返せないのは不可抗力だとしても、最初から返すつもりがないのに借入を行うと詐欺に該当する恐れがあります。返す意思があるかないかは、返済実績があるかないかという点が問われます。例えば、自己破産を想定して、返せないことが分かっていながら、消費者金融で50万円キャッシングをした場合には相当な理由がなければ詐欺罪となる確率が高くなります。この場合は「返せない」のではなく「返すつもりがない」からです。弁護士に自己破産手続きを依頼した場合などでは、詐欺の疑いを避けるためにも、1回だけでも借金の返済を行うよう促される様です。返せないと返さないとの違いは、実際に返済を一度でも行ったかで判断されます。では、収入がまったく無く最初から借金を返せない前提で借りたとして、1度でも支払いをしていれば詐欺で逮捕される恐れが本当に皆無ないでしょうか、これは貸主側が最初から返すつもりがなかったことを立証しなければいけないので立証は非常に難しくなります。返すつもりでしたと借主が言えばそれが嘘だという証拠を見つけるのは容易ではないからです。なんとは詐欺罪を逃れても、返済せず放っておくとどうなるのでしょうか。先にも述べましたが、借金を返せないとしても、差し押さえる物も無ければ電話なり訪問なりで永遠に催促を受け続けるだけです。それに耐えることができる人がどれだけいるでしょうか。普通はそういった生活には耐えられないので少しずつでも頑張支払っているのが現状です。返済能力が無ければ法的手続きを行いましょう。困難さに目を背けず、出来るだけ早く専門の弁護士に相談することをお勧めします。法的な借金返済方法を行えば必ず解決策は見つかります。