借金の解決方法

1. 借金の解決方法に冠する説明。弁護士や司法書士に頼ると相談料だけでかなりコストが必要なのでは?といった印象を持っている人がとても大勢存在します。ですがこのサイトで紹介している事務所なら相談料、着手金は無料で安心して依頼する事が出来ます。任意整理、つまり借金の額を減らしたり、金利の引き下げが出来るかもしれません。任意整理というのは裁判所を介入させずにお金を貸した側と交渉することが出来るので1番多く利用される方法と言えます。利息制限法により既に支払った分の金利を下げて計算をしなおし、過払い金を借金の済に充てることで借金の額を減らすことが可能です。 自己破産みたいに借金返済免除にはなりませんが、無理せず支払う事が出来るように返済プランを変更し生活の見直しが出来ます。 任意整理を活用で出来る人というのは安定した収入がある人と言えます。任意整理をしてから借金を3年から5年程くらいで返済出来る見込みがある人と言えます。個人再生とは家や車を売らずに借金を大幅に減らすことが出来ます。平均して借金を5分の1くらいにすることが出来、家といった高価な財産を売らないで済む方法と言えます。2001年から始った新しい制度で家を所有している人の為に出来た制度と言えます。ですが個人再生をしたら再生計画通りに借金を3年で返済する必要があるので、実は個人再生を活用できる人はあまり多くはないと言えます。個人再生は借金の総額が住宅ローンを除き5000万円以下である事と?破産に近い経済状態の人、安定した収入がある人です。自己破産は借金を全てなくして0からのスタートに出来ます。自己破産とは借金の支払いが出来ずに身動きが取れない人、支払不能と裁判所に判断された多重債務を一掃出来る制度と言えます。 日常生活を送ることが出来ない人の最終手段で20万円以下の現金、私財しか所有することが出来なくなります。 自己破産が可能な人というのは支払不能と判断され過去7年間に免責を受けていない人です。 特定調停は自分で裁判所に申し立てが可能で、返済が不可能な状態でなくても将来的に行き詰ることが予測できる場合に借金を圧縮する方法です。簡易裁判所に申請する任意整理だから3年以内に返済をする必要があります。専門知識がなくても申請できますが、全部自分で行う必要があります。 活用できる人は将来的に支払いが滞ることが予測できる人、減額したら3年以内で返済が可能な人。安定した収入がある人。特定調停の為に時間を使える人。過払い金が返金される場合もあるのが過払い金返還請求です。過去に高い金利で支払った過払い金を返還請求が可能です。利息制限法によって多く支払った分を適正な利息に設定しなおして計算し差額を返してもらうことが出来ます。借入期間が5年以上、金利は18%以上のケースでは過払い金が戻ってくる可能性が十分にあると言えます。利用が可能なのは完済後10年以内の人、5年以上の返済をして今も支払い続けている人です。