借金を理由に離婚することは出来るのか?

夫・妻が自分に内緒で借金を負う…それは配偶者にとって離婚という二文字が浮かんでしまう状況になり得るかもしれません。
まして金額が多額であればあるほど、相手との離婚を考えるでしょう。
では借金を理由に離婚はできるのでしょうか?
結論から言えば、できる場合もできない場合あるということです。
それはどういうことでしょう。
そもそも離婚訴訟を起こし、離婚が認められる要件とは、下記の通りです。
1.不貞行為(浮気のこと)
2.悪意の遺棄(家族を捨てた)
3.3年以上の生死不明
4.強度の精神病で回復目途がない
5.その他、婚姻関係を継続できない重大な事由
これらに抵触する場合に限り、離婚の訴えを提起することができる
と民法で定められています。
一目見ると借金が理由で離婚できるとは明記されていません。
そのため「5.その他、婚姻関係を継続できない重大な事由 」にあたるかどうかを証明しなくてはいけません。
つまり、借金の有無や借金の金額、返済能力の有無などは関係なく、結婚生活が事実上破綻しているかどうかが鍵となっているのです。

例え数百万、数千万のお金を借りていたとしても、本人が気持ちを入れ替えて返済の意志を示し、債務整理のような方法で人生をやり直そうとしているというような況があれば、直ちに婚姻関係が破綻とは言いがたいのです。
あくまで借金が原因で結婚姻関係が破綻してしまい、修復不可能であると認められなければ離婚はできないということです。
では、婚姻関係が破綻してしまったとはどういったことを指すのでしょうか。
心の中で相手のことを嫌っているだけでは婚姻関係が破綻しているとは言えません。ましてや一緒に生活しているとなれば婚姻関係は継続しているということを示しています。
つまり一緒に住み、一緒に食事している、子どもの行事に一緒に参加している等という事実があれば、夫婦間が完全に破綻しているとは言えず、離婚も認められないのです。
嫌いになった側からすれば気持ちは破綻したも同然だと思いますし、家庭内での会話も乏しくなっているかもしれません。ですが、それでは法律的には認められないのです。
例え借金を抱えたとしても夫婦で話し合い、改善を試みること、そして改善できるよう努力しましょうという結論になります。
裁判所に確実に婚姻関係の破綻を認めてもらうには、別居の期間が長いという事実や、借金が原因で自暴自棄になった配偶者に暴力を振るわれるようになったという事実がないと難しいと言えるでしょう。